心の癒しは治療の一環

看護師の存在が癒しになるという患者さんはとても多いと思います。実際に担当看護師の対応の仕方が良ければ良いほど完治のスピードは速い気がします。心の癒しの効果は体に大きな影響を与えるのでしょう。逆に看護師の対応が冷たいということになると、患者さんは癒しを感じることが少なくなるでしょう。
体を癒すために入院している患者さんであっても、心の癒しも必要としている場合が多いです。そういう時に看護師からの心の癒しも求めるというのは当然のことかもしれません。何気ない会話をするだけでも良いので、看護師が患者さんに対してきめ細かい配慮をするように心掛けることは大切です。
忙しいという理由や、患者との相性が良くないと感じることからクールな看護の仕方をされてしまうと、患者の方の心は全く癒されません。結果として患者の体の方も癒される速度が遅くなってしまうかもしれません。
心の癒しを患者さんがしっかり感じることで、普通よりもスピーディに退院出来るということはよくある話です。患者さんは常に「早く退院をしたい」という思いを抱いています。
そういう中で看護師の対応というものはとても重要なものなのです。看護師が冷たい対応をすることにより患者さんは悲しい気持ちになったり寂しい思いをすることになります。病気の時には繊細になっている人が多いわけですから、出来ればそのことを理解してあげてほしいと思います。
本来は理解をしていても、自分の性格や気質などが関係して本質的に癒すことが苦手という看護師もいるかもしれません。業務以外に癒しを求められても困る看護師もいると思いますので、患者さんもはある程度は相手の気持ちを理解することが必要です。