看護師のイメージ

看護師と言いますと基本、皆さん「白衣の天使」といったイメージをよくもたれますよね。その昔、ナイチンゲールが印象づけたイメージが
現代まで繋がっている、というすごい話でもあります。確かに間違ってはいませんよね。非常に優しげな印象で、誰に対しても
心優しく、平等に接してくれる。そんな感じだと思います。

しかし私の場合は少し違っていまして、確かに優しいは優しいんですけど、ここぞという場所ではビシッと決めると言いますか。
ある意味男性より男らしいと言いますか。決断力に優れているイメージなんですよね。
実際、看護師として働いて思うことなんですが・・・はっきり言ってしまうと天使のように優しいイメージとはほど遠いです。
どちらかと言えば天使というより厳しくも優しい所もある肝っ玉母ちゃんのような感じですね。
看護師はハッキリと物を言える強さや的確な判断力がいる仕事なので、業務を考えてみれば当然だと思います。
特に患者さんに対してしっかり注意・指導をしなければいけないことは多々ありますしね。
私の看護師の友人たちも基本的にさっぱりとした男らしい子が多いですね。

確かに世の看護師さんの中には女性らしい、優しい看護師さんってのもいます。しかし、その「優しい」の裏には
ちゃんと芯の通った強さを持ってると思うんですよね。フワッとした雰囲気の中に強さを持つ女性・・・なんて素敵なんでしょう。
私にもその女性らしい、しなやかな雰囲気の出し方を教えてほしいものです。